施設の選択が重要になる骨盤矯正

体の要となる骨盤は歪みを起こすことで人体に悪影響を及ぼすことになります。骨盤矯正は、骨盤の不具合を治すことを目的として行われ、主な効果には、コリの改善や、体調の改善、ボディラインの改善などがあり、女性の場合には血行をよくすることで、女性特有の症状にも効果が期待できます。
施術を受ける場合には、どのような施設があるのか把握をしておく必要があります。種類には、整骨院や接骨院、整体、エステなどがあり、特に、民間治療となる整体やエステは施設独自の施術を提供しているところもあります。また、保険適用の関係もあり、症状と照らし合わせて選択をすることが大切になります。保険に関しては整体やエステでは適用されないことも理解しておく必要があり、事前に確認をすることも選択のポイントになります。

整骨院と接骨院にはどのような違いがあるのか

骨盤矯正の施術は、大きくは国家資格者が行うのか民間資格者が行うのかの2つに分けることができます。整骨院と接骨院は前者となる国家資格者が施術を行い、ここでは、「柔道整体師」という資格を保有している人が施術を担当します。
「柔道整体師」とは、3年制の専門学校もしくは4年制の大学を卒業して初めて試験を受けることができ、整骨院や接骨院の名称で開業する場合には必須の資格となります。では、整骨院と接骨院は何が違うのかという疑問がわきますが、2つの施設に違いはなく、単に名称だけが異なることを理解しておく必要があります。
整骨院や接骨院の特徴は、骨盤や四肢の関節などに対する施術の他に、急性または亜急性の力によって発生した怪我にも対応できる点があり、施術の内容によっては保険の適用を受けることができます。

民間資格者で行われる施設について

民間資格を取得することで施術が行われる施設は、整体、エステが該当します。民間施設の施術内容は、それぞれが、フランチャイズ等の加盟もしくは取得をした方法によって大きく異なり、基本的には、骨盤の歪みによって生じた肩こりや腰痛、猫背などの改善を目的として行われます。
目新しいものとしては骨盤矯正エステがあり、ここでは、骨盤の周りを中心として身体を温めることから始まり、最終的には、脂肪の燃焼、また新陳代謝を促し、筋肉を柔らかくほぐすことで矯正する方法が用いられています。
整体やエステは、施設自体が効果等に関して積極的にPRしている所も多く、内容が理解しやすいといった面があります。また、価格も明確に記載しているために施術を受けやすいといった特徴があります。一方、施術はあくまでも民間基準として設けられており、受けてはみたものの記載内容通りの効果が見られないといったケースもあり、利用する場合には、これらの内容を十分に確認した上で選択をすることが大切になります。